Kamanoi’s diary

釜野井 弘規

原宿店 店長
釜野井 弘規

一人一人のライフスタイルに合った新しい自分の発見や髪のコンプレックスをプラスに変えられるスタイルの提案をしていきます。カットで造るヘアデザインがモットー。

2019.12.30更新

 

早いもので2019年も終わりですね。
ヒステリアも12/30で無事に仕事を納めました。
前回のが年内最後のポストかもって書いたけど締めくくりに。

今年は多くの方から色々と変化と激動の年と耳にしました。

ヒステリアもご多分に漏れず働き方改革で4月からスタッフは完全週休2日制、営業時間短縮となり、ご来店いただいているお客様にはご不便をおかけいたします。

さて、この働き方改革ですが社会のルール、世の風潮、時代の流れをもちろん理解して受け入れた上で色々と思うことがあります。

私が美容師になったのは15年前。

昔を語るのは大人(おじさん)の仲間入りとは思いますが自覚の上での昔話。

当時はヒステリアも月に4日の定休日に1日の公休。
そしてその休みには撮影や練習のモデル探しやセミナー出張。バイクか自転車通勤がほとんどだったので営業日は営業後の勉強会、終わったら店でご飯食べてその後自主練。やめ時を見失った日は深夜1時2時を過ぎて店を出て、帰って風呂入って数時間寝て次の日の朝練に出勤。遊びに行くのは月曜夜と火曜夜だけ。(当時は青山勤務で私は月曜休みだったので実際は日曜夜と月曜夜)そして美容師アシスタントの平均賃金は今よりかなり低かった。


もちろんそれを奨励するわけではないが、私たちはそれでもしんどかったけど毎日を楽しんでいました。

当時の月曜夜は都内のクラブは美容師ナイトばっかだった。 みんなタフ 笑

厳しい現状も、成功しているスタイリストの先輩達の生活に憧れを持って(金銭面でも過ごし方も誌面での活躍などの仕事面も)いつか自分も。と乗り切ることができました。


そんなタフでバカな私達の世代は多くの友人が恵まれたことに美容師という仕事を楽しみ続けています。

 

今、私は2年ほど前から毎日朝2時間早く出社して朝練とサロンワーク外の業務をしています。定休日には店に来て撮影や練習、処理しきれなかった業務をします。これは誰に言われたことでも無く、自分のルーティーン。サロンワーク外の業務を営業時間外に持ってくることでサロンワークに集中できる。

なぜそこまでやるの?と聞かれることもあるけれど、正直まだまだ足りないと思っています。

 

美容師は接客業であり技術職です。

職業選択としての美容師ではなく、生き方としての美容師。

多分これを意識した時から自分の中での考え方が変わりました。

そして業界の先を走る先輩達は走り続けてきたのにまだ歩かないで走ってる。

 

 

君は程々の美容師で生活できたら良い?

もしその先輩達に追いつきたい。追い越したい。って思ったらその先輩が弱って止まるまで待つのかい?

 

 

ちょっとくらい大変でもその人達より早く走るか多く走るかしかないじゃない。

 

残念なことに私は天性の才能とセンスは持ち合わせていなかったので早く走れないからコツコツ地道に多く走っております。。。苦笑

月8日までセミナーや撮影、なんでもいけます!笑

 


今の若手のコ達に同じようにやった方が良いよ。とは言いません。

ただ、そう思えるくらい、美容を、美容師という生き方を好きになれたら毎日の仕事が楽しいですよ。


また、働き方(働く時間)を改革したら
働き方(働く質、意識)を改革できないと
濃度は薄まるばかりだと思っています。


その為には毎日の仕事を楽しまなきゃね!


楽しんでいたら今年は自分の中で持っていた目標が少しずつクリアできました。


ネット予約リピート率3カ月連続100%
日別売上自己記録更新
月間紹介新規自己記録更新
平均お客様単価10000超
エリアサーキット決勝進出
など


そしてコツコツやっていたら自分の美容人生で一生記憶に残る、大先輩方に混ざってカットをする有り難い経験をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

  

 


焦らず腐らず前向きに努めていたら自分の思う以上の嬉しいことも起こるもの。


来年もコツコツ努めて参ります!

 

また、こんな楽しい気持ちで美容師ができているのは何よりご来店いただいているお客様のおかげ。


それと、愛すべき美容バカの同世代の美容師友達、走り続けてなかなか背中を見せてくれない生き方としての美容師の在り方を実践している美容業界の大先輩方のおかげ。


こんな私を理解して支えててくれる体育会系美容師の妻のおかげと思っております。


2020年も全力で美容師を楽しんで参りますのでどうぞよろしくお願いいたします!皆さまよいお年をお迎えください!


新年は1/4の11時から営業しております。1/4 1/5と営業して1/6 1/7はお休みです。年末混み合いましてご予約お取りいただけなかったお客様、申し訳ございません。新年お仕事初め前にお待ちしております!

                 釜野井 弘規

2019.12.19更新

おそらく年内最後のポストになるので今日は仕事について書こうと思います。

 

 

先日インスタグラムのストーリーでこんなポストをしました。

 

 

 

 

 

 

きっかけはとある美容師さんのラジオ。

 

 

 

 

 

それを聞いてなんの気無しにポストしたストーリーが思った以上に反響があって、同期や後輩美容師だけでなく美容業界の先輩からも有り難いお言葉をいただきました。

 

 

そんな中で後輩美容師からもっと書いて欲しいと言われたり、その思いを発信してほしいと言われたので書いていきたいと思います。ありがとう。

 

 

今、世の中にはたくさんの美容室があってたくさんの美容師がいます。それぞれのカタチがあってそれぞれの正解がある。けれど美容師を辞めてしまう若い人も多いのが現実です。その中で自分はどんな思いでこの仕事をしているのか。なぜしているのか。どんなモチベーション作りをしているのか。若手美容師さんに向けて書いてみたいと思います。

 

 

こういうのは本来成功者が書くものだけど、まだまだ未熟な自分だからこそ、若くして苦労をして悩んでいる若手美容師さんの気持ちがわかるのかなと思います。

 

 

学生時代に美容師という世界を見た時には、派手でエキサイティングでエキセントリックな華々しい世界。なんて思ったこともありました。

 

 

いざ美容業界に足を踏み入れてみたら、地味で地道ことの方が多いし、体力勝負だし。給料安いし休み無いし。超体育会系だし。

 

 

しかしその反面、ヒットしている先輩美容師は給料袋立つんじゃないか(手渡しでは無いけど)くらいの人がゴロゴロいました。そしてヒットしている美容師さん達は華々しい生活をしていました。

 

 

その姿に憧れてツラい時しんどい時は同期達とお酒を飲み愚痴を言い合い、お金が無いときには先輩美容師を捕まえて仕事の相談をしてご馳走になり、服は友達とトレードしたりとコミュニケーション能力だけで乗り切ってきました。

 

 


こーゆーのは今は流行らないですねw

 

 

そんな私も実は新卒で入った美容室をすぐに辞め、秋までフリーターをしていました。

 

 

ほぼ一緒に辞めた同期2人と毎日のように一緒にいたり、自分一人で今後の人生について考えたり。

 

 

 

1年目の秋にヒステリアに入って今16年目。

もちろん今までも今も悩みはあります。

 

 

そんな時に悩みや挫折、気持ちが折れそうになった時に自分がどう向き合うか。

 

 

最初の離職の時には向き合わないで逃げることを選びました。自分にとってはその選択はもう2度としたくない選択。

 

 

その後20代の時にはストレスをお酒に頼ったり、仕事以外の趣味に楽しみを見つけたりしました。

 

 

けどどうもスッキリしない。

 

 

仕事以外で楽しい時間を過ごせば過ごすほど逆に仕事がツラく感じる。

 

 

自分が出した答えは結局、仕事を楽しむしかないんだと思いました。

 

 

なのでまずは原因となる部分と向き合うことが必要でした。対人関係なのか。忙しさなのか。プレッシャーなのか。自分に原因は無いのか。ツラい原因はなんなのか。

 

 

次にツラくなる原因をツラくなくするにはどうしたら良いか。

 

対人関係ならその人を超えてしまえば良い。
その為に自分が何の力をつけるべきか。

 

 

忙しさなら仕事の質とタスク処理を見直せば良い。
10分後、30分後、1h後、2h後に自分が何を終えて何をしていなければいけないかシュミレーションすれば良い。
技術なら練習の質を見直せば良い。

 

 

プレッシャーならそのプレッシャーは何から来るのか知れば良い。プレッシャーってのはほぼ必ず自分の弱いところ、隠しているところ、触れられたくないところが原因になる。

 

 

つまり、どんなツラいことも大抵自分が変われば変えられる。

 

環境が悪いんじゃない。まだ君が環境を変えれないだけなんだ。

 

それと同時に、この仕事には楽しいことが溢れている。

 

髪を切ったお客様が喜んでくれた。
自分の話でお客様が笑ってくれた。
お客様が自分のことを褒めてくれた。
お友達を紹介してくれた。
シャンプーを褒められた。
カラーが綺麗に染まった。
お店を綺麗にした。
お店を綺麗に回した。
それで先輩が楽しそうに仕事していた。
先輩が褒めてくれた。
難しい仕事を綺麗に仕上げた。
予約が入った。
後輩が出来た。
後輩がスタイリストになった。
店でかかった曲が良かった。
お気に入りの服でサロンに立った。
めちゃ忙しかった。
仕事終わりのビールが美味かった。

小さいけれど書ききれないくらいの楽しさが溢れているのにそれを見えなくしているのは数える程度のツラいこと。

 

世の中にはどんなことでも楽しいこと、ツラいことがあります。


ツラいことは自分が変われば変えられる。
ただ自分が変わるには、日常の中の楽しいことを見逃さないこと。

 

嬉しいことに美容師って仕事は楽しいことの方が多いんです。

 

強いて言えばさらに楽しくするにはこんな話をアツく語れる先輩でも同期でも後輩でも、パートナーでも。そんな人がいたらもっと楽しくなりますよ(^^)

 

 


飲みのお誘いは歓迎します! 笑

 

光を見るか、影を見るか。

 

あなた次第ですよ★

 

 

2019.09.19更新

すっかり朝晩は涼しくなって秋服に手が伸びる季節になりましたね★

 

秋冬のトレンドも出揃ってオシャレしたくなる季節♪ 

 

 

今年の秋冬はカラートレンドだとベージュ、グレー、ブラック、ネイビー、カーキ、ワインレッドなどなど。。。

 

自分が気になったのはこのへん↓

 

 

 

 

カラートレンドを押さえながらのテクスチャー。

 

 

 

 

 

 

素材感やトーン違い、濃度で見せる同色使いが好きな気分。

 

 

 

他にも花柄やチェック、千鳥格子もトレンドですね★

皆さんはどんな秋冬のアイテムに注目してますか?

その気分に合わせたヘアスタイル提案もしていきたいのでご来店時に是非教えてください:D

2019.09.18更新

昨日までの記事にも書いたけど今日はTBCエリアサーキット決勝でした!

 

エリアサーキットとは、

当日発表されるテーマに基づき、瞬時のインスピレーションを最大限に活かし創造力・技術力・感性を駆使しハサミ1本でオリジナリティのあるスタイルを創り上げるウイッグカット競技です。

 

今年初めての決勝進出。

 

結果は完敗。

 

全国、日本1の壁は高かったぁ。。。

 

正直、スタートしたら手は震えたし指は切ったし、パフォーマンスとしては自分の狙った仕上がりの50パーも出せなかった仕上がり。 

 

ただ思うのは自分が目指していたもの、描こうとしていたものはもっと先の次元にあり、今日の自分はそこに追いついていけなかった。

 

それは練習をしたつもりでも追い込み方が足りなかったのかもしれないしメンタル的な部分での自分の弱さなのかもしれない。

 

ただ、ビジョンが見えなかったわけでは無い。自分はもっと良いものを作れる。それを掴めるかは今後の自分次第。

 

blood up or shut up 。

 

 

 

そして全国予選から戦ってきた皆さん、受賞者に心から敬意を。

 

昨日の自分より今日の自分は成長出来たか。

 

今日の自分より明日の自分は成長出来るよう、日々精進。

 

来年は絶対獲る。

 

2019.09.16更新

秋の3連休も終わっていよいよ明日は決戦の日。

 

 

 

TBC2019_CM from GAMO on Vimeo.

※音量注意

 

 

今年は全国25会場、1512名のエントリー者の中から選ばれた87名で頂点を決める戦いに出場します!

 

 

毎年当日その場で発表されるテーマ。

去年のテーマはこんな感じ↓

 

 

AC18-FINAL_THEME from GAMO on Vimeo.

 

 

今年はどんな予想外のテーマが発表されるのか。。。

 

「特別な舞台だからこそ普段の仕事が出る。」

 

今まで積み重ねてきたものを出し惜しみなく発揮できるように頑張ります!

 

 

 

2019.09.15更新

 

今年も仕事終わりに参戦してきました★ 

 

 

今年はFNOからギャルソンが撤退したり、ファッションシーンとしてもバーニーズニューヨーク(米)やフォーエバー21が破産申請したりと明るい話題ばかりではない中でのFNOでしたが会場はとても賑わってました♪

 

 

vogueは歴代のトップを見ることが出来て圧巻!

vogue図書館なんてのも特設してました★

美容師たるものファッションとトレンドの歴史は大切♪

中でも1番惹かれたのはこのルック↓

 

カッコ良い…

 

そして次に向かったのはフォトエキシビションを開催していたY's

youjiyamamotoの方にはヨウジさん本人も毎年お見えになっていますが行く時間無く断念…

 

フォトエキシビションの中で1番惹かれたのはこちら↓

 

 

 

アーティストのアオイヤマダさん。

 

写真に見とれていたらなんと本人登場!

 

 

目の前で素敵な舞いを見ることができました♪

 

そして嬉しい戦利品でコレクションのサントラゲット!

 

 

そして最後はシシドカフカさんと金子ノブアキさんのトークショーとライブ!

 

 

他にもたくさんのお店に寄ってたくさんのファッショニスタの方達を見て刺激と物欲をいただきました 笑

 

やっぱオシャレって楽しい!

 

2019.09.13更新

 

明日は毎年恒例秋のファッションのお祭り

FNOの日です!

 

とびきりオシャレして原宿表参道青山でショッピング♪

 

毎年楽しみにしている一日です★

 

 

今年はシシドカフカと金子ノブアキのライブ見るぞー!

 

明日土曜日ご来店のお客様行かれてみてはいかがでしょう?

 

詳細はFNOのHPをチェック↓

 

 

 

2019.09.12更新

 

髪型失敗談4コマ漫画を見て不覚にも吹き出してしまいました…

 

知らないうちにこんな思いをさせていない事を切に願います…

 

 

 

 

続きは是非【モ〜さんの隙あらば自分語り!】をご覧下さい↓

リンクは画像から★

 

2019.09.11更新

 

【「あ、前髪切ったでしょ?」って言う美容師めっっっっちゃくちゃ苦手です…】というツイートが今日バズっていたので自分的な見解と意見を書いてみました:D

 

私は聞く派なのでこの方には嫌われちゃいますかね(/ _ ; )

 

私が聞く理由は以下の通り↓

 

1.めちゃ切りたて(この場合はむしろ聞く前に言われること多数。切る必要あるか前髪ノータッチで良いかの確認)

 

2.切り方少し教えたらもっと良くなりそうなときに教えたい

(これはツイッターの方でも同じこと言ってた美容師の方もいました)

 

3.だんだんやりたいと言ってた前髪より幅が広がっている時に注意喚起(リピーターさん)

 

ツイッターで多く見かけたのは、美容師に否定的に言われた!と、聞かれたけど切ったのお前だ!の2つが多かったです 笑

 

自分は前髪をセルフカットされることにはあまり否定的ではありません。(原宿という場所柄ご近所って場合の方が少ない為)

 

聞かれたけど切ったのお前だ!の方は思ったより前髪が伸びてないと思った時にはあり得るかもしれないけどあまり無いですね★

 

否定的に言われた場合以外はあまり気にする必要無いんじゃないのかなと思うとともに、セルフカットをすることに少なからず負い目を感じる部分があるから聞かれたく無いのかなと思いました★

それって私達美容師の仕事をちゃんと認識してくれてるってことだから嬉しさもあります:D

(たまに前行ってたサロンで前髪自分で切ったら怒られたって話も聞くからそーゆーののせいもあるのかもしれないけど…)

 

 

が、負い目は感じなくて良いです 笑(少なくとも私のお客様は)

 

セルフカットするなら失敗して欲しくない(後で美容師サイドで直しやすい切り方にして欲しい)って部分もあるので私はこれからも聞き続けます 笑

 

そしてご自分で切る際には↓の赤線の内側(黒目の外側から逆の黒目の外側まで)をセルフカットしてもらえると後で私達美容師は手直しがしやすいです!

 

黄色の丸の位置は頭の丸みも強く、サイドとのバランスもあるのでできればここは残しておいてもらえると大変有り難いですm(_ _)m 

 

 

 

そして

 

「あ、前髪切ったでしょ?」って言う美容師めっっっっちゃくちゃ苦手にはならないで欲しいです……」

 

 

バズ元ツイートさんはこちら↓

https://twitter.com/_yo1999/status/1171078138362621952?s=21

 

2019.09.05更新

ホームページリニューアルに伴ってミニマル化してインスタのみの更新にしていたのですが、なんとなく自分にはインスタよりブログのがしっくりくるような気がしていたので。。。

 

タピらないし、ナイトプールとか行かないし、、

 

 

かといって典型的な美容師ブログでは無いですが 笑

 

気ままに徒然とリスタートしたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

 

9月に入って真夏の暑さも弱まり始めて少しずつ秋を意識した服装やヘアスタイル、メイクが気になり始める時期になってきましたね★

 

皆さまはどんな夏を過ごしたましたか?

是非ご来店時に教えてくださいね:D

この仕事始めてから人の旅行の話を聞いて自分が体験した気分になることが得意になりました 笑

 

私の今年の夏はこちら↓

 

 

 

 

 

毎年恒例。。

 

 

4年目?かな。。

 

 

テーマカットエリアサーキット2019

全国大会東京予選。

 

ハサミ一本で当日出されたテーマとレギュレーションの中で女性像をイメージしてヘアスタイルを創る

 

ごまかしの効かない真剣勝負。

 

うちのボス近藤は審査員長。

 

切ったのはこちら↓

 

 

 

  

 

 

結果はこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか初の入賞ギリギリでいただけて決勝に行くことができました。

 

が。

 

正直、嬉しさより反省点、改善点ばかりが気になって…

 

 

 

壇上でも嬉しさが出ていない 笑

悔しさ滲み出てますね。

 

これはいけません。その点も反省。

 

決勝では自分で内容に納得できるものを造れるところまで高めていきたい。

毎年悔しい気持ちで予選で散っていたからこそ思うこの気持ち。

 

ゲーテの歌の訳より

 

「涙とともにパンを食べた人にしか人生の味はわからない。」

 

 

ノドから手が出るほど欲しかった東京代表の。

その名に恥じぬ仕事を。

 

 

9/17。

毎年悔しさを胸に見上げたこの場所を、

胸を張って見上げられるように。

 

 

 

前へ